スポンサードリンク

2007年10月20日

東芝エコキュートについて

東芝エコキュートについてです。

東芝エコキュートの特長はエコキュート業界初の湯かげんコントロールシステムです。

これは、給湯、湯加減、湯はりの3つのバルブによって、全ての温度を適温にコントロールしてくれるものです。
温くなったお湯の追い炊きは早く、保温はマイルドに保たれ最適な状態で運転されます。

湯かげんバルブは、前日の残り湯を優先的に使うことでムダなく効率よくできます。

東芝エコキュートは、各ご家庭のライフスタイルによって六通りの中からリモコンを選べます。
しかも、今まで2つ必要だったリモコンを、浴室リモコン1つだけで運転可能にしたリーズナブルなタイプも登場しました。

これも業界初のことで、メインリモコンとの配線が必要なくなったので工費などの出費を抑えられるのです。

他にも、季節による外気温の変化と浴槽の冷めるスピードを学習することによって、浴槽の保温時間とインターバルを自動的にコントロールしてくれます。
これも業界初のことで、新省エネ保温機能と呼ばれます。
新省エネ保温機能により、更にランニングコストのコストダウンをすることができます。

これらの東芝のエコキュート業界初の新技術により、省エネ率が大幅アップに成功しました。
もちろん快適性も大幅にアップされること間違いなしです。

このように、省エネ効果の高い東芝エコキュートは国からの補助金交付対象に認定されています。
所定の手続きをすることにより、補助金交付申請をしましょう。
詳しい内容については、「有限責任中間法人 日本エレクトロヒートセンター」のホームページで補助金交付手続き、補助金額などを確認して下さい。








  



posted by エコキュート博士 at 02:55| エコキュート

日立エコキュートについて

日立エコキュートについてです。

日立エコキュートは、エコキュートの業界初の「ふろの追い炊き機能」を採用しています。
追い炊きの専用強力熱交換機の採用により、電気温水器での追い炊きを可能にしたのです。
現在、追い炊き機能については、業界トップの能力をも持っています。

日立エコキュートの追い炊き機能は、入りたい時にパワフルに沸かしなおせる高速追い炊きです。
200Lの40度のお湯ならば、3分あれば42度まで温め直すことが可能です。
日立の追い炊き機能は、湯量はそのままでスピーディに沸かしなおしができるので、面倒がなく快適な上に、経済的にお風呂に入ることができます。

他にも、「半身浴モード」がありボタン一つで、水位、温度を設定しなくても、半身浴ができる状態に焚き上げてくれます。
3時間は浴槽の水位、温度を一定に保ってくれるため、半身浴で身体をリフレッシュしたい方にはとても嬉しい機能です。

日立エコキュートはタンクとヒートポンプユニットを一体化させています
これは、家庭用ヒートポンプ給湯器においては世界初のことです。
一体化させたことにより、タンクの設置が省スペースで行なえるようになりました。

しかも、ユニットが軽量設計なので、満水状態であっても心配することなく、バルコニーに設置できます。
土地が狭くてタンクを置く場所が無いからとお悩みの方やマンションだからタンクを置く場所が無いしとエコキュートの設置を諦めていた方には嬉しい情報です。

設置スペースなどの心配を解消して、快適、経済的なエコライフができるのが日立エコキュートです。








  



posted by エコキュート博士 at 02:55| エコキュート

ダイキンエコキュートについて

ダイキンエコキュートについてです

ダイキンエコキュートは省エネでは業界トップクラスを実現しています。

省エネ1つ目の理由として、ダイキンならではのヒートポンプ技術があげられます。
電気ヒーターに比べて、ヒートポンプは三分の一の電気エネルギーの消費量ですみます。
ダイキンの省エネ技術が加味されて、さらに省エネ率をあげているのです。

ダイキンの省エネ技術とは、「スイングコンプレッサー」、「水熱交換器」、「リラクタンスDCモーター」、「プロペラファン」です。
これらのダイキンの技術は、数々の賞を受賞していて、効果が証明されているものばかりです。

この技術のもとに、通常料金の3分の1の夜間電力を利用することによって省エネ効果が上がり、ランニングコストを下げることができるのです。

ダイキンといえばエアコンを思い浮かべます。
空調設備のメーカーであるという一般的な意識は外せません。

それゆえに「どうしてコロナエコキュートなの?」と言う、疑問が沸きます。
しかし、実はそこにはコロナエコキュートに必要不可欠な「ヒートポンプ」技術が関わってきています。
なにしろダイキンの歴史はヒートポンプ技術無しでは語れないのです。

1970年にダイキンが開発したヒートポンプ技術は、現在のように空調業界にダイキンが君臨する基礎を作りあげました。
ですからダイキンのヒートポンプ技術には歴史と実績があります。
このヒートポンプ技術が生かされ、ダイキンエコキュートが開発されました。

従って、ダイキンエコキュートには、ダイキンならではのヒートポンプ技術が駆使された自信作なのです。








  



posted by エコキュート博士 at 02:54| エコキュート

ナショナルエコキュートについて

ナショナルエコキュートについててです。

ナショナルのエコキュートは、タンクのコンパクト化を実現したことが特長です。
ナショナル独自の高性能断熱材の採用によって、保温性はそのままで、タンクが300Lサイズ並みの大きさで370Lの容積を実現しています。
これは、エコキュート業界ではナンバー1です。

タンクの特徴として他にも、ラウンドフォルムデザインを採用してあります。
タンクのコーナーが丸い作りになっているので、圧迫感を解消し、スッキリ感を感じられます。

それに、水滴が出来にくい、汚れが付きにくく、親水性素材が採用されています。
雨筋などの汚れも軽減され、住宅の美観を保つことができます。

もう1つは、まさかに備えて「非常用取水栓」が標準で装備されています。
非常時には、タンク内に蓄積されている水を生活用水として使用できるのです。
ただし、清潔とはいえませんので飲用は避けて下さい。

ナショナルエコキュートには便利な機能として、「ダブル湯温コントロール」があります。
これは、2箇所同時に別々の温度でお湯が使える機能です。
熱めでふろの湯をはりながら、キッチンで温めのお湯で洗い物をする場合、別々に温度設定ができるということです。

エコキュートは、それぞれのご家庭の生活に適したものを選びましょう。
住んでいる地域によったり、家族の人数であったり、付けたい機能によっても、エコキュートの選択肢は変わってきます。

ナショナルエコキュートはそれぞれのご家庭の生活にあった商品がラインアップされています。
その中から最適なものを選び、快適な生活に役立ててください。








  



posted by エコキュート博士 at 02:53| エコキュート

三菱エコキュートについて

三菱エコキュートについてです。

三菱エコキュートは、三菱独自の技術で、エコキュートの効率をさらに高めました。
その結果、エネルギー効率が業界トップクラスの4.9を実現しています。

この効率化により、浴室やキッチンなどの家中のお湯を沸かすエネルギーを、今までの家庭消費の約3分の1にすることが可能になりました。
三菱エコキュートは、貯湯タンク周りの断熱材にもこだわり、タンク保温性能が更に向上したのも省エネ効果に役立っています。

三菱エコキュートはトップクラスのエネルギー効率に加え、深夜電力を基本とした割安な料金制度を利用することにより、一ヶ月のランニングコストを約1000円に抑えることができます。

三菱エコキュートの業界トップクラスを誇る理由はそれだけではありません。
夜間ほどよく使われるエコキュートなだけに、外部えの騒音に気遣った低騒音にこだわっています。
そのため、静かさ38db。460Lタイプでも40dbに抑えられています。
この数字はなんと図書館なみの静かさです。

三菱エコキュートは薄型であるのも、大きな特徴です。
本体がスリムなので、狭小スペースに設置することができます。
置き場にも、騒音にも配慮された作りになっているので、隣家と接近している一戸建てはもちろん、マンションでも気兼ねなく使えるのが嬉しいですね。

自動風呂給湯も給湯スタイルによって選ぶことができます。
ご家庭の生活スタイルによって、エコキュートの給湯スタイルを選べることができるように、三菱エコキュートの製品は様々なラインアップも用意されています。

エコキュート導入時には、補助金制度により、導入費用を一部は国から補助してもらえます。
そのような制度をうまく利用し、家庭での省エネ化をはかって、地球に暮らす一人一人が地球温暖化防止に貢献しましょう。








  



posted by エコキュート博士 at 02:53| エコキュート

コロナエコキュートについて

コロナエコキュートについてです。

2001年4月、実は世界で初めてエコキュートコロナが発売しました。
エコキュートを発表以後、平成12年と、平成15年には、省エネ大賞受賞。
平成14年には、資源エネルギー庁長官賞受賞。
また、平成16年には環境大臣賞受賞。
などとコロナは数多くの実績を残してきています。

コロナエコキュートは、昼間よりも七割も安い夜間の電力と高効果率(業界トップクラスのCOP4.8)のヒートポンプシステムの組み合わせをすることで、都市ガス給湯器の約6分の1のランニングコストを実現しました。
そのランニングコストを実現した省エネ効果は、コロナ独自のエコタンクに理由があります。

まずは、高効果率なヒートポンプで夜間電力を利用し効率よくお湯を沸かせます。

お湯を沸かせた以降は、特殊生計断熱材を使用したタンクですから、効率よくお湯を保温できます。
冷めて、再度湯沸などする必要がなくなる分、省エネ効果を得られるのです。

コロナエコキュートのタンク内は、高温域、中温域、水の三層に分けられています。
中温域(境界湯)を効率よく利用することによって、適温のお湯を作ります。
その上、マイコン制システムにより、1日の給湯使用データがチェックされて、不要な沸き上げを防止しているのです。

これらの省エネ効果によって、家庭消費の電気代を安く抑えることができるのです。

他にも、出湯圧力を高めた高圧力型なので、一戸建ての2階での利用も不便なく利用できます。

低騒音設計、省スペース設計のエコキュートは人に優しい暮らしを提供しながら、自然にも優しい環境を作り上げています。








  



posted by エコキュート博士 at 02:46| エコキュート